Onmyoji Wiki
Advertisement
Onmyoji Wiki


Attributes

    Default
364a.jpg
  Awakened
364b.jpg
 
ATK.png ATK SS.png 183 SS.png 4127 +3944
HP.png HP C.png 939 B.png 11279 +10340
DEF.png DEF C.png 67 B.png 428 +361
SPD.png SPD A.png 109 S.png 119 +10
CRIT.png Crit S.png 10% S.png 10% +0%
CDMG.png Crit DMG 150% 150% +0%
HIT.png Effect HIT 0% 0% +0%
RES.png Effect RES 0% 0% +0%


Skills

3641.png Annihilation Flames (紅蓮誅灰)

Type: Normal Onibi:Onibi.png0 Cooldown: 0


Asura attacks a single target dealing damage equal to 100% of his attack.
When Asura KO's a target, he inflicts Annihilation on them, then the skill Mighty Crush changes to Endless Slaughter.

Annihilation (誅灰)
Common, Mark: Attack is permanently decreased by 50%.
(This effect is represented by a small swirling vortex of ashes underneath KO'd enemies.)

Level Effect
2 Damage increases to 105%
3 Damage increases to 110%
4 Damage increases to 115%
5 Damage increases to 120%

3642a.png Mighty Crush (天魔威圧)

Type: Special Onibi:Onibi.png0 Cooldown: 0


At the start of battle and the start of Asura's turn, he gains 9 points of Sanity. If he doesn't have 9 points of Sanity, he becomes immune to control effects and similar effects such as Banish. At the start of each attack, consumes an amount of Sanity equal to the number of enemies he is attacking.

Awakened
If Asura's initial speed is faster than his target's initial speed, he deals and additional 10% of damage to them.
Sanity (理性)
Buff96.png
Common, Mark: Max of 9 points. Each point of Sanity that Asura restores, recovers his HP by 8% of his max HP. Asura is suppressed by Sanity, each point decreases his damage dealt by 9%.

Level Effect
2 Sanity: Reduced damage dealt decreases to 8%
3 Sanity: Reduced damage dealt decreases to 7%
4 Sanity: Reduced damage dealt decreases to 6%
5 For each point of Sanity lost, reduces the damage Asura receives by 6%


3642b.png Endless Slaughter (無間殺戮)

Type: Special Onibi:Onibi.png0 Cooldown: 0


Asura becomes immune to controlling effects and similar effects such as Banish. At the start of his turn, he will automatically use this skill. At the end of another non-summoned allies' turn, restores 1 point of Sanity. If Taishakuten is an ally, then at the end of his turn Asura will restore an additional 3 points of Sanity.

Upon Usage
If Asura doesn't have 9 points of Sanity at the start of his turn, a giant sword will be summoned to attack a random target other than himself dealing damage equal to 263% of his attack. Then summons a rain of swords to all remaining targets dealing damage equal to 113% of his attack.
If Asura does have 9 points of Sanity, this skill will change back to Mighty Crush.

3643.png Inferno Slaughter (煉獄虐殺)

Type: Special Onibi:Onibi.png3 Cooldown: 0


Asura attacks all enemies dealing damage equal to 290% of his attack. Then inflicts follow-up attacks on a selected target until all of his Sanity points are fully consumed, dealing damage equal to 54% of his attack on each attack.


Level Effect
2 Damage for the all enemy attack increases 305%
3 Damage for the all enemy attack increases 315%
4 Damage for the follow-up attacks increases to 63%
5 If Asura KO's the selected target and he still has Sanity left, the follow-up attacks will target the enemy with the lowest HP

Biography Unlock

No. Unlock Conditions Rewards
1 Awaken Asura
link={{{4}}}5000
2 Increase Asura's skills 12 times
link={{{4}}}10
3 Recover 99 points of Sanity
link={{{4}}}10

Art

Skins Info

Image
NameArtistObtained
364s1.png
Defaultmiuoker
364s2.png
Awakenedmiuoker

Bios

JapaneseEnglish
Bio 1

ここは天界の最果てにある深淵の地。天人にとっては牢獄のようなところだが、戦いに明け暮れる魔神にとっては楽園だった。
だが今の深淵は、天人も魔神も皆が慄く地獄と化していた。
爆発の轟音とともに、視界を遮るほど強い光が深淵を照らした。
俺を閉じ込めていた結界も、俺の精神体の爆発とともに四散した。
自由を取り戻した俺は、民の崇拝を一身に浴びる新たな王のごとく、血の海に飲まれた数百の魔神を見下ろした。
やがて、爆発に巻き込まれた魔神たちが立ち上がり、罵声を上げる
「阿修羅、精神体を自壊させるとは!自由になったのはいいが、ここがどこだか忘れてないだろうな?」
「ははは、さすがは帝釈天の旧友だ。 勝るとも劣らぬ狂いっぷりよ!」
「数多の悪鬼、魔神がいるこの深淵で、自由のために力を捨てるとは。筋金の入った大馬鹿者め!力と自由の両方を手放しやがって。ククク、てめえはここで死ぬんだ!」
数百の魔神と悪鬼が一気に跳躍し、俺に襲いかかる。血霧の中、俺は微動だにせず、ただただ笑みを浮かべた。
刹那、一匹の魔神が不意に腹を抱えた。そして次の瞬間、その魔神の口から一本の触手が飛び出した。
共食いという外道ですら平然とやってのける魔神たちの、血の気が引くのがわかった。肝が冷えたんだろう。
触手で空を薙ぐ。空中の魔神どもは抵抗する間もなく、体を真っ二つに引き裂かれた。
魔神の残骸が視界一面に広がり、血と肉片が豪雨のごとく大地に降り注ぐ。
血の雨を浴びながら、高いところから飛び降りる。 屍山血河を通り、ゆっくりと別の魔神に近づく。
奴は必死に逃げようとしたが、指一本動かすことさえできぬまま、俺の手によって心臓をえぐり出された。
俺の手には、真っ赤な精神体のかけらがひとつ乗っていた。そう、こいつは俺の力を得ようと貪り食ったのだ。
「そんなバカ…な…」
限界まで目を見開いた魔神は、うめき声をあげたかったようだが、 あごが砕けていてそれは叶わなかった。
かけらは俺の手に吸収され、再び俺の一部となった。
「強ければ生き、弱ければ死ぬ。力がなければ、自由など絵空事にすぎない。感情を持つことなどなおのこと」
「俺も、愛や憎しみ、そして人とのつながりを大切にして、普通に生きたかった」
「だが、それは高望みだったんだ」
暗闇の中、魔神どもが畏怖の視線を俺に投げる。
俺の精神体を喰らった奴らの腹には、うっすらと真っ赤な刻印が浮かんでいた。その刻印は奴らが犯した罪の証だ。
「ならば、俺は魔神の王になろう。この阿修羅が、百の魔神から力を取り戻した暁には、天に返り咲き、人々を虐げたお前を、 今度こそ踏みにじってやる」
「よく見ておけ!燃え盛る深淵の焔が、偽りの天国を、塵も残さず屠る様を!」

Bio 2

深淵には、想像を絶する秘密が眠っている。
十善業道。それは帝釈天が作り出した、精神体の優劣によって格付けされる制度。
劣等の烙印を押された天人は、罪人として深淵の牢獄に落とされる。
落とされた罪人は、深淵に注がれた霊力によって死ぬことは叶わず、共食いによって飢えを満たすほかはない。やがてやつらは、醜悪な魔神に成り果て、生死のない地獄に永遠に苛まれ続ける。
だが、魔に堕ちやつもいれば、それを拒み続けるやつもいる。魔神に食われる運命を忌避し、俺に死を乞うやつも後を絶たなかった。
その中に、かつての部下たちがいた。
「帝釈天のために尽くした翼の団ですら、劣等だとほざいて深淵に落としたか」
「阿修羅さま、我々は天人のはず。命を賭して戦ったのに、このような地に閉じ込められて、自由を奪われるなどあんまりです」
「深淵には狂ったやつしかいない。弱肉強食だけが、ここの掟だ。外に出たければ、お前たちも魔に堕ちろ」
しかし、彼らは良しとしなかった。
「我々は同族のために、とうに命を捨てた身。ですが、すべての責は卑劣な帝釈天にあります。このような辱めを甘んじて受け入れろとおっしゃるのですか!」
「甘えたことを言うな!ここは広大な地だ。自由と力さえあれば、たとえ魔に堕ちようとも生きのびることはできる!」
部下たちの感情は次第に昂り、泣きわめくやつも出てきた。
「我々は天人です!なぜ魔に堕ちなければならないのですか!魔に堕ちてまで生きる意味などありません!他に生きる道がないのならば、この力を魔王に捧げます!」
俺は驚きのあまり言葉を失った……そして笑みを返した。
「いいだろう。その望み、叶えてやる!」
「俺はお前らの墓となり、お前らとともに生きよう。いずれここを脱し、帝釈天の血でお前らを弔ってやる」
闇の中で高笑いし、仲間だった者たちの血肉を口に運ぶ。
その後も天界から罪人は落とされ続けた。深淵牢獄の囚人の数は増加の一途をたどる。どれだけ罪人の血を飲み、魔神を食らっても、やつらが減ることはなかった。
そうして月日は流れ、ある日のこと。九十九体目の魔神の心臓からかけらをえぐり出した瞬間、すべてのかけらが光を放った。やがて光は一つになり、六本の触手へと変化した。
再生した精神体の力は強大で、遥か彼方の深淵の果てに到達できそうだった!
俺に下った魔神たちは頭を垂れた。そして深淵全土にときの声を轟かせた。
「宿願の成就に祝福を!」
再生した精神体には、中心に心の形をした穴があった。それは俺の胸元にある穴と同じ形をしていた。
最後のかけら、そう、俺の心魂だけは、深淵のどこを探しても見つけられなかった。

Bio 3

心魂がなければ天人には戻れない。だが、それがどうした!
再生した精神体を地面に叩きつける。突如、激しい揺れが深淵全土を襲った。
地割れが起こる。殺し合いの最中だった魔神たちはよろめき、くずおれた。
天上へとつながる鎖を指差しながら、俺は声高に宣言した。
「欲にまみれた虫けらども!顔を上げろ!」
「お前らの敵は眼前にいる者ではない。真なる敵は天上にある!」
「お前らもかつては同士だったはず。しかし、弱者の烙印を押され、ここで同士討ちををするよう仕向けられた」
「お前らの愚行を、真の敵は頭上から嘲笑って見ているんだ」
「帝釈天は力の名のもとに、力なき者に犠牲を強いた。俺はかつて打倒十天衆を掲げて兵を挙げた。そして、今ここで、帝釈天を倒すことを宣言する」
「賛同しないやつは、この深淵で、いつまでも同士討ちを続けていろ!」
「それ以外のやつらは、跪き、俺の名を叫べ!」
「ともに天界に戻り、真の仇敵を殺し尽くせ!」

俺は魔神たちの反応など意に介さず身を翻す。するとやつらは慌てて動き出し、叫んだ!
「魔王・阿修羅!」
それをきっかけに、深淵の魔神たちは続々と声をあげた。
うごめく無数の魔神たちは地獄の亡霊のようだった。深淵を揺るがすほどの慟哭を轟かせ、黒い波のように押し寄せる。そして俺という希望の光にすがった。
「魔王・阿修羅!」
灼熱の炎、沸き立つ溶岩。力を増した触手。
再生した精神体は覇気に満ちている。深淵を焼き尽くしてもなお、大きな火柱をあげることだろう。
深淵の境界に触手をぶつけ、牢獄を粉々に砕いた。
炎とともに、幾千万の魔神が深淵から飛び出す。魔神たちは光をむさぼり食い、己の怒りを天界にぶつけた。
「生まれた時から、俺は闇の申し子だった」
「俺は最も残虐な罪人。すべてを焼き尽くす業火こそふさわしい」
「まだ見ぬ闇も、俺の焔がいずれ飲み込む」
「光でさえも俺の業火を恐れ、あらゆるものが灰燼と化す。」
「やがて人々は、魔神や悪鬼、闇や偽善を恐れなくなり、深淵の代わりに、俺の名——人々の心に刻まれる。阿修羅と」

Voice Lines

JapaneseEnglish
Summon Animation
俺について来い!偽りの天国を焼き尽くすぞ
Tap (Head)
おお?俺が怖くないのか?
Tap (Arms)
この世に生を受けたときから、俺は、闇の申し子だ
Tap (Arms)
天上天下唯我独尊
Tap (Body)
俺みたいなやつしかいなかったら、誰が俺の暴走を止めてくれる?
Tap (Skin 2, Body)
ちっ、つまらん
Tap (Skin 2, Body)
闇の申し子でも、愛や憎しみ、そして、人との繋がりを持ちたいと思うときもあるんだ
Tap (Legs)
己の執念には、己で打ち勝たねば意味がない
Tap (Legs)
お前の断末魔で楽しませてもらう
Tap (Legs)
虫けらどもが、ははははは
Enter Battle
お前、死んだぞ
Enter Battle (Special)
俺が道を踏み外さないように、照らしてくれ
Enter Battle (Skin 2,Special)
たまらないなぁ、この匂い
Skill 1 (Skin 2)
もっと、もっとだ
Skill 2
命乞いしろ!はははははは
Skill 3
俺の後には灰燼しか残らない
Skill 3
死ね
KO'd
なかなか骨のあるやつだ
Unused
服従しろ!さもなければ、死ぬ
Unused
切り刻んでやる!
Unused
ぶっ殺す!
Unused
跪け!俺に服従しろ!
Unused
これから先は俺がすべてを見守り、支配する!
Unused
黙れ!
Unused
俺に触れるな!
Unused
この阿修羅が、帝釈天の討伐を約束する
Unused
この世界に満ちた争いや殺戮より、俺はあの人の温もりがほしい

Trivia

  • Asura only casts Endless Slaughter if he manages to KO an enemy unit and does not regain 9 Sanity by his next turn. If his Sanity is spent from casting skill 3 but a KO did not occur, then his Sanity points will be automatically restored to 9 at the start of his next turn.

Advertisement